技術のご紹介

高解像度非圧縮映像記録 特許概要

録媒体の交換が必要となっても記録できない時間帯を発生させません。
ハードウェア性能の向上に依存することなく記録媒体への記録速度を向上させます。

視線追跡 物体検出 差分解析

視線スイッチ

任意の場所を見つめる・まばたきをすることで、タブレットやモニター画面を操作します。

ドライバーモニター

太陽光・影・照明条件などの変化に対応し、加えてまばたきの状態も検出します。

非接触マウス

目や手などの位置を認識し、端末に触れることなく画面を操作することができます。

映像変化量 検出

監視カメラの映像から色や明るさなどの変化量を独自の処理で抽出し、種別や量に応じてアラートを出力します。
処理画像やデータはクラウドで共有することができます。

災害対策用
画像認識システム

崖崩れ土砂災害、河川氾濫など災害監視システムとして工業系大手メーカーに導入されています。

侵入者検出

顔認証システムFace Trackerにより、監視カメラ映像に映った人物を素早く特定し通知することができます。

輸送用パレットの
汚れ検出

画像から汚れの部分のみを解析し、抽出します。

AI DeepLerning 機械学習

製品・商品の識別

特定の商品を識別したり、一度の撮影で複数の中から特定の商品が何個あるか分類する技術です。

移動体検出

機械学習による移動体の状況監視を行うことができます。

ナンバープレート文字認識

車両交通量とナンバープレート解析を同一機器で解析可能です。

IoT信号処理技術

業務のご紹介

業務システム制作

アーチェリー
試合予約システム

勤怠管理システム

給与計算カスタマイズ

病院向け
研究開発支援

射撃ゲームシステム

在庫管理システム

詳しくはこちらから