アイトラッカー

Home/Tag:アイトラッカー

顔認証 視線追跡 IoT DeepLerning 4K動画非圧縮リアルタイムレコーダー「Embedded Techonology 2017」「IoT Technology 2017 」に出展します。

顔認証 視線認識 Iot DeepLerning 4K動画非圧縮リアルタイム記録 「Embedded Techonology 2017」「IoT Technology 2017 」に出展します。 2017/11月15日(水)~17日(金)  パシフィコ横浜 展示場 D出入り口の総合受付隣7番が蟻塔ブースです。 気軽にお越しください。

By | 2017-11-10T17:00:08+00:00 11月 10th, 2017|4K, ニュース, 眼追跡 Eye Tracker|顔認証 視線追跡 IoT DeepLerning 4K動画非圧縮リアルタイムレコーダー「Embedded Techonology 2017」「IoT Technology 2017 」に出展します。 はコメントを受け付けていません。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の方に。iPad画面のボタンをまばたきでクリック。介護者にメールが届くコミュニケーションツール

Amyotrophic lateral sclerosis. A button of the iPad screen is clicked by a blink. The communication tool by which a care giver receives a mail. 1. 画面に眼を合わせます。 My eyes are added to a screen. 2. 赤い点をボタンに目線を合わせてまばたき。 A red point, I wink at a button together with a look. 3. 「はい」「いいえ」を決定 "Yes." "No." is decided. [...]

By | 2017-09-12T15:14:45+00:00 7月 25th, 2017|ニュース, 眼追跡 Eye Tracker|ALS(筋萎縮性側索硬化症)の方に。iPad画面のボタンをまばたきでクリック。介護者にメールが届くコミュニケーションツール はコメントを受け付けていません。

セキュリティを強化するツールに蟻塔の画像処理技術がお役にたちます!

オリンピックを前にしてテロ対策に。 入口で常習犯罪者の特定に。 塾の入退室・出欠席の確認に。 蟻塔では画像処理のカスタマイズを承ります。 お問い合わせをお待ちしております。

By | 2017-07-21T13:32:19+00:00 7月 21st, 2017|ニュース, 眼追跡 Eye Tracker|セキュリティを強化するツールに蟻塔の画像処理技術がお役にたちます! はコメントを受け付けていません。

顔画像認識、画像認識形状認識、眼追跡、小型防犯カメラなど、システム開発は高い技術力の蟻塔へ!

顔画像認識 セキュリティ強化に、一人ひとりの顔を認識、注意人物の特定。 お化粧シュミレーションのシステムとして、正面顔・横顔認識エンジン開発の実績があります。 画像認識・形状認識 商品の形状から異常検出、穴の位置と大きさの最の検出、防災に崖崩れなど微妙な変化を検出、など様々な分野に応用できるシステムを開発します。 眼追跡・アイトラッカー 詳しくはこちらから

By | 2017-07-17T12:40:36+00:00 7月 17th, 2017|ニュース, 眼追跡 Eye Tracker|顔画像認識、画像認識形状認識、眼追跡、小型防犯カメラなど、システム開発は高い技術力の蟻塔へ! はコメントを受け付けていません。

VRの視線認識に、蟻塔の眼追跡技術を活かせます!

追跡Eyetracking 視線認識、画像解析の高い技術で対応できます! 眼追跡エンジン EyeTrackerII(アイトラッカー2) ご要望の仕様にカスタマイズしてご提供いたします! 蟻塔の技術が売りです! 詳しくはこちらから 1.自然光下での処理が可能 片日状態が急激に変化するような状態でも、トラッキング処理を続けることが可能です。必ずしも、照明条件を一定にする必要はありません。 画像がブラックアウト、ホワイトアウトしなければ、基本的に処理することが可能です。 照明条件を整えると、より追跡精度は向上します。 夜間など可視光による撮像が難しい暗所では微弱な近赤外照明を使うことによって処理可能です。(ただし、近赤外光に感度のあるカメラが必要です) 2.素早い復帰性能 眼が何らかの影響で見失われた場合でも、次に眼が画像上に現れた時は、すばやく追跡処理を続行することが可能です。 眼以外のものを誤追跡した場合でも、速い時点に高い確率で自己復帰します。 3.画像上に眼が映っていれば処理可能 眼を直接検出しているので、顔全体が画像上にある必要はありません。 4.カメラを選びません VGAサイズのビットマップに画像を展開できるカメラであれば、汎用的なWebカメラでも処理をすることが可能です。

By | 2017-06-18T13:17:50+00:00 5月 26th, 2017|Videos, ニュース, 眼追跡 Eye Tracker|VRの視線認識に、蟻塔の眼追跡技術を活かせます! はコメントを受け付けていません。